お知らせ

和歌山電鐵と貴志川線の未来をつくる会は、名物イベント「貴志川線に乗ってじゃがいも掘り体験」を今年も6月6日(土)開催いたします。

この催しは、2008年(平成20年)から貴志川線の利用促進と農村景観の維持向上、地域活性化を目的に、栽培管理を行っていただく長原北・鳥居地域資源保存会(紀の川市貴志川町)を中心に、関係者のご協力を得て開催しているもので、毎年多数の参加をいただき今年で13回目を迎えます。

2月9日には、じゃがいもの植え付けを会場となる甘露寺前駅近くの農地で行いました、作業には保全会や地元ボランテイア、和歌山電鐵、つくる会などから約50名が参加、約11アールの農地に100kgの種芋の植え付けと、施肥を行いました。

さらに、4月19日には草引き・芽かき・土寄せ・施肥を行い開催への準備進めます。

 

近年、だいたい秋に開催している 貴志川線まつり ですが、今年は新型コロナウィルス感染症などの影響を考え、残念ながら開催いたしません。

貴志川線をご利用いただいて多くの方が集まる一大イベントですので感染症対策をとっての開催も検討しましたが、小さなお子様の参加者も多く、また主催者側でも十分な対策を取るための人員確保などが困難なため、開催見送りという結果になりました。

来年は、また多くの皆さまが集まって賑やかに開催したいと思います。

和歌山電鐵では「キシカイセイプロジェクト」の1つとして、おとな1人とこども1人の組み合わせで利用できる「こどもときっぷ」を令和3年3月21日までの期間限定で発売します。

このきっぷでは、おとな1人とこども(小学生以下)1人が同一区間を同伴して利用する場合のみ有効な1日乗車券となっています。
発売額は2人で300円。

通常の1日乗車券はおとな800円、こども400円ですから、合計1200円必要なところが、なんと75%オフの300円!

また、このきっぷを提示することで伊太祈曽駅のレンタサイクルの割引や、7月にオープンした四季の郷公園内の「火の食堂」で特典もあります。

取り扱いは和歌山駅(9番線)、伊太祈曽駅、貴志駅で、前売りも可。詳しくは、下記チラシを御覧ください。