地域の財産、貴志川線の永続をめざして
「公有民営化」への道を開こう

 

Ⅰ.はじめに

令和2(2020)年度は、緊急事態宣言の発出など昨年度から引き続く、外出自粛、海外旅行客激減など、新型コロナウィルスによる影響をまともに受けた年度であり、令和2(2020)年度決算は、1億120万円の赤字となりました。和歌山電鐵発足以来最悪の厳しい結果となった昨年度に続き債務超過状態が続くこととなり、国や自治体の支援はあるものの厳しい状況に変わりはなく、このまま経過すれば経営破綻に至る事が予想されます。
今後もコロナ禍は収束が見通せず、さらに沿線の就業人口の減少や少子化、道路整備も進む状況が続きますが、貴志川線は私たちのくらしを支える公共交通としてなくてはならない鉄道です。
私たちは貴志川線を必要とし、永続を願い、応援する住民のボランティア団体として、住民の熱意と行動を集め、永続を目指して引き続き活動します。

 

Ⅱ.基本方針

地域の財産であり住民の足としてくらしを支える公共交通として「貴志川線」の永続を目的に活動を進めます。
取り巻く厳しい環境を考える時、この目的を実現するため早急に「公有民営化」の実現を図ることが重要であると考えます。
住民の利用促進とイベント開催等に取り組み、乗車人員250万人実現をめざして和歌山電鐵、自治体、関係諸団体と連携して活動を進めます。

 

Ⅲ.重点目標

  1. 「公有民営化」の実現に向けSNSによる気運の醸成と利用促進
  2. 快適・便利で利用しやすい貴志川線つくり
  3. 会員2,000人を目指し、組織の若返りによる活性化
  4. 大池遊園駅対向設備復活、日前宮~神前駅間新駅設置

 

Ⅳ.具体的な取り組み

  1. 住民の声と想いを結集して活動できる組織づくりに取り組みます
    1. 会員拡大へ積極的に入会呼びかけを行います
    2. ボランティアスタッフへの登録と、活動への参加を進めます
    3. 会員限定イベント、増量回数券など会員特典の拡充を図ります
    4. 定例会への参加を呼びかけ、若返りと態勢の強化を図ります
  2. コロナ時代に対応する利用促進策促進と、貴志川線の魅力発信へ電鐵と協働して取り組みます
    1. 「チャレンジ250万人」運動に取り組みます
    2. 新たな力の結集へ、各界に呼びかけ「貴志川線活性化プロジェクト」に取り組みます
    3. コロナの時代にふさわしい新しい形のイベントを模索し具体化します
    4. 駅設備、ダイヤなど要望の集約と提言を行い、その実現をめざします
    5. 地域の催事に積極的に参加し、地域や各種団体との協働に取り組みます
    6. 「貴志川線キッズクラブ」(仮称)の結成に取り組みます
  3. 広報、PR活動に取り組みます
    1. 会報発行、入会促進リーフレット作成、ホームページの活用、「のぼり」の製作・掲出
    2. SNS(ホームページ、フェイスブック、ツィッター)による情報発信の強化
  4. 地方鉄道の存続と活性化へ学習・政策活動に取り組みます
    1. 「公有民営化」についての学習
    2. 地方鉄道を守る運動を進める団体との交流