貴志川線写真展を開催

 

7月30日31日伊太祁曽神社 常磐殿で「貴志川線の魅力再発見 写真展」を開催。

厳密には、「貴志川線の未来を“つくる”会」現在の組織の前身にあたるメンバーらによる開催で、つくる会の名前はこの写真展のすぐ後に生まれている。

このときすでに「乗って残そう」のキャッチフレーズが使われていることは興味深い。

 

Author: office

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です