住民フォーラム 『乗って残そう貴志川線』

貴志川線の存続に向けて、つくる会主催の住民フォーラムを12月11日に和歌山市の県立向陽高校体育館で開催しました。

当日は約800名もの人が集まりました。会場には駐車場はなく、駅から近いため貴志川線の利用による参加を呼びかけた所、日前宮駅に到着した電車は満員となりました。

南海電鉄が貴志川線からの撤退を表明した後、輸送人員は前年同月比で数%づつ減少していますが、フォーラムが開催されたこの12月に限り、前年同月と比べて輸送人員の減少がゼロという効果もありました。

  1. 開会挨拶 副代表 奥 重視
  2. 代表挨拶 代 表 濵口晃夫
  3. 経過報告 事務局長 吉田 進
  4. 来賓挨拶
    衆議院議員 石田真敏 氏
    参議院議員 世耕弘成 氏
    衆議院議員 岸本周平 氏
    和歌山市長 大橋健一 氏
    県議会議長 小川 武 氏
    貴志川町長 中村慎司 氏
  5. 基調講演
    『貴志川線存続の方策』
    環境自治体会議(鉄道まちづくり会議) 上岡直見 氏
  6. 特別発表
    『貴志川線探検』
    和歌山市宮小学校3年4組のみなさん
  7. フォーラム
    『乗って残そう貴志川線』
 

経過報告 吉田事務局長

基調講演 上岡直見氏

 

特別発表 宮小学校3年4組のみなさん

 

Author: office

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です