和歌山県が存続に向け初期投資の全額負担を決定

2月4日記者会見で、貴志川線を鉄道として存続するのに必要な初期投資の全額を県が、その他所要経費についても和歌山市と貴志川町が負担することで合意したと発表しました。

鉄道存続のための第一歩が踏み出されたことにより、今後和歌山市および貴志川町は、鉄道事業を行う民間事業者の公募が行われます。

20050204_news

Author: office

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です