「たまぷらざ 貴志川」オープン

和歌山電鐵貴志駅前に地域情報ステーション「たまぷらざ 貴志川」が完成し、3月3日、中村紀の川市長はじめ県・市会議員、地元区長さんら関係者が出席して竣工式が行われ、オープンしました。

紀の川市とNPO法人地域の風研究会が、国の「新しい公共」事業に応募し採用され実施している「たまステーションを中心とする『まち・自然資源』活性化プロジェクト」によるまちまちづくり事業の一環として、貴志駅前に観光案内・文化事業・四季折々のイベント情報、レンタサイクル(たま自転車)、ノルディックウオーキング用ポールの貸し出しなどを行う施設として、国の全額補助を受けて完成したものです。

ステーション内は、紀州材を利用したあたたかみのある施設に仕上がっており、紀の川市名産品の紹介、各種パンフレットも取り揃えており、いすに座ってゆっくりくつろいでいただけます。貴志駅にお越しいただいた皆様のいこいの場として気軽にご利用下さい。

竣工式終了後、ノルディックウオークが行われ、ポールの使用方法など講習を受けたあと貴志駅から甘露寺前駅近くの景勝地「平池緑地公園」を往復するコースを約50名が参加して楽しみました。

Author: office

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です