かわいい猫顔いっぱい 第12回貴志川線祭り開く

貴志川線最大のイベント「第12回貴志川線祭り」(主催貴志川線運営委員会)が伊太祈曽駅と伊太祁曽神社を会場に11月4日か開かれ5000人が来場した。

伊太祁曽神社で開会式が行われ「しょうぶ子供園鼓笛隊」の演奏、主催者代表和歌山電鐵礒野専務のあいさつで幕を開けた。境内では「たま駅長ふあふあ」と「ミニトレイン」が子ども達に大人気で長い行列。ヨーヨー釣りなどの子ども広場、飲食村、産直農産物販売も大賑わい、和歌山市と紀の川市観光協会、子供虐待防止協会のブースも設けられPR、社務所2階常磐殿では、お手玉ぬり絵、鉄道模型運転体験、貴志川線写真展も賑わった。

伊太祈曽駅では、「車両洗車体験」や「電車を下から見てみよう」の体験イベントを開催、JR、和歌山バス、南海フエリーのブース、県警白バイ隊展示、ヤマト運輸安全教室、木造車庫ではラテンビッグバンド「オルケスタ・デ・タスケルオ」の演奏が響く中、子どもたちはさまざまなアトラクションで遊び楽しんだ。

沿線の和歌山東高校、貴志川高校、信愛女子短大の学生さん達の「たま駅長」にちなんだ猫顔のフェイスペインテイングは大人気で希望者は1,000人を超え、会場内はかわいい猫顔があふれた。

また、今回始めて事前募集の臨時列車に乗って非常ブレーキなど電車の安全を守る仕組みを体験できるイベントが開催された。

祭りには、つくる会登録ボランテイアや協力団体、沿線の高校、短大など124名がスタッフとして運営に当たった。ご協力いただいた行政はじめ参加各団体にお礼申し上げます。

開会式での「しょうぶ子供園鼓笛隊」の演奏
飲食村、産直農産物販売も大賑わい
常磐殿での、お手玉ぬり絵、鉄道模型運転体験、貴志川線写真展
「たま駅長」にちなんだ猫顔のフェイスペインテイング
車両洗車体験
木造車庫での「オルケスタ・デ・タスケルオ」の演奏
県警白バイ隊展示、ヤマト運輸安全教室
「電車を下から見てみよう」の体験

Author: office

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です