イルミネーション今年は貴志駅で

貴志川線の冬の風物詩イルミネーションは12回目を迎え、今年は会場を貴志駅に移して始まりました。
12月8日、主催する和歌山電鐵と貴志川線の未来をつくる会から15名が参加して取り付け作業を行い、多くのフアンに囲まれ「ニタマ」と「よんたま」がサンタクロース衣装で登場、イルミネーションの点灯式を行い、駅舎とホームはLED電球とトナカイや流れ星、雪だるま、サンタなどもおかれ明るい輝きに包まれました。
イルミネーションは1月18日まで、点灯時間は午後5時半から11時まで。

Author: office

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です