「メガたま駅長」出現 第13回貴志川線まつりに3,000人


今年で13回目となる 貴志川線まつり を11月3日(日)に開催しました。

第13回プログラム-1
第13回プログラム-2

「貴志川線に親しみと利用促進を図る」をテーマに貴志川線運営委員会主催の「第13回貴志川線祭り」が11月3日、伊太祈曽駅と伊太祁曽神社を会場に開かれ、親子連れら3,000人が来場し終日イベントを楽しみました。

伊太祁曽神社のステージでは、来賓の和歌山県、和歌山市、紀の川市の代表が参列、貴志川線の未来をつくる会木村代表の開会あいさつに続き、和歌山東南ロータリークラブ(谷口拓会長)が国登録有形文化財に指定された車庫などの案内看板2枚を寄贈、小嶋社長に目録が贈られました。

続いて、東京の猫人形作家佐藤法雪さんから寄贈された「メガたま駅長」(羊毛フエルト製、高さ165センチ、横150センチ)の除幕式を来賓のみなさんが行い、披露された大きさに会場は「オー」と驚きの声と大きな拍手が起きました。

伊太祁曽神社会場では、たま駅長ふわふわ、ミニいちごトレイン、子ども広場、屋台村、和歌山市と紀の川市観光協会ブース、ながはらまちおこしネットの産直農産物販売など、常磐殿では鉄道模型運転、お手玉、塗り絵など多彩な催しが行われました。

また、伊太祈曽駅会場では、今回もフエースペントが大人気、可愛いねこ顔の子どもたちであふれ、洗車体験や運転台で写真を撮ろう、チャギントン電車を下から見てみようの体験イベント、県警白バイ展示やヤマト運輸交通安全教室、交通関係ブースにはJR西日本、南海フエリー、泉北高速鉄道が出店、車庫では毎年好評のビッグバンド「オルケスタ デ タスケルオ」のライブが行われ、魅力的なサウンドを木造車庫に響かせました。

今回の貴志川線祭りの運営には、つくる会登録ボランテイアスタッフ、沿線の和歌山信愛女子短大、和歌山東高校、貴志川高校、ガールスカウト第9団、お手玉「ななこの会」の124名の皆様にスタッフとしてご協力をいただきました。

また、開催にご協力いただいた行政、地域の各団体のみなさんに感謝申し上げます。

 

 

 

Author: office

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です