今年も桜並木の手入れを行いました

 山東~大池遊園間沿線の桜並木の手入れを、11月16日行いました。
この桜並木は、2007年6月に和歌山電鐵開業1周年を記念して、30本が植樹されたもので大きく育ってきました。
作業には、貴志川線の未来をつくる会役員と和歌山電鐵社員10名が参加、桜の木に絡まる「つた」の取り除きと下草刈りを行いました、今年は例年に比べ隣接の耕作放棄地からの侵入などにより「つた」の繁茂が激しく一日の作業では全てを取り除くことが出来ず、再度作業を行うこととしています。
なお、今年も切り取った「つた」でリースを作り、クリスマスやお正月の飾り用として、お客様に駅でプレゼントする予定です。

Author: office

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です