桜咲く日を楽しみに 桜並木手入れPART2行いました

和歌山電鐵開業1周年を記念して、2007年(平成19年)山東駅~大池遊園駅間の県道沿いの線路築堤に30本の桜が植樹され、桜の季節には車窓を彩っています。

昨年11月16日行ったその桜並木の整備作業に続き、1月19日PART2を和歌山電鐵社員とつくる会役員9名が参加して実施しました。

作業は、列車見張り員を配置して安全を確保した上で、約3時間下草刈りと桜の木にからまる蔦の取り除き中心に周辺の整備を行い、見違えるほどきれいに桜並木をよみがえらせました。

今年は暖冬で桜の開花が早くなると予想されますが、今回の手入れで貴志川線ご利用のお客様に車窓から花見をしていただけます、また大池遊園駅から徒歩3分の「大池遊園」は沿線随一の桜の名所です、花見の季節には是非貴志川線でお越し下さい。

Author: office

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です