貴志川線の未来をつくる会は、紀の川市貴志川町の子ども食堂「こ はうす」さんに「子どもと乗り放題きっぷ」を贈呈しました。

この「きっぷ」はコロナ禍の中で厳しい状況を克服するため、和歌山電鐵が行っている「キシカイセイプロジェクト」の一つとして販売しているもので、コロナ禍で世間は外出自粛ムードですが、貴志川線は窓を開けて換気し、密になる心配もありません、子どもたちにキャラクター電車に乗ってもらい猫の駅長に会って「重ね押しスタンプラリー」に挑戦し、楽しんでもらいたいとの思いで贈呈しました。

2月20日に「こ はうす」の藤田代表はじめ3名の方にお会いして、奥山事務局長から「子どもと乗り放題きっぷ」130枚をお渡ししました。藤田代表からは「きっぷは貴志川と野上のこども食堂利用の子どもたちに配りたい、大変ありがたいことだ」と感謝の言葉をいただきました。

 

Tags

Comments are closed