貴志川線の未来をつくる会と和歌山電鐵は、貴志川線地域の魅力を知って楽しんでいただくため、利用促進イベント「貴志川線に乗ってタケノコ掘り体験」を、毎年和歌山市のご協力で四季の郷公園で開催しています、昨年はコロナの緊急事態宣言が発出されたこともあり中止しており、2年ぶりとなる本年は4月10日、18日、24日の3日間開催しますが、初日の4月10日には約60名の親子連れなどが参加されました。

開催にあたっては、感染予防に万全を期すため、募集人員を大幅に減らし、マスクの着用をお願いし体温測定、消毒を行い、30人ずつ2部に分けての分散型での開催となりました。

今年は、いたるところからタケノコが顔を出しまれにみる豊作で、雲一つない晴天の下、少し風が冷たい一日でしたが、慣れない作業に汗をかきながらタケノコ掘りを楽しまれました。

 


【追記】

「貴志川線に乗ってタケノコ掘り体験」について、(4月10日、18日、24日の3回のうち、10日は実施済み)4月14日に和歌山県様から紀北地域にお住まいの方に対して不要不急の外出自粛の協力のお願いがあったことを受け、主催者で残り2日間の中止を決定いたしました。ご了承ください。

Tags

Comments are closed