貴志川線の未来を”つくる”会 活動記録

和歌山駅貴志川線ホーム吊下型時計に耳とひげが付き、「鉄道の日」の10月14日に合わせてお披露目式が行われました。 この時計は、貴志川線の未来をつくる会が、和歌山電鐵運行開始15周年を祝って7月に寄贈、その際、和歌山電鐵小 […]
9月20日、「貴志川線の未来をつくる会」は電鐵社員さんと協力して、貴志駅の「風くるま」の取り換えを行いました。 貴志駅の「風くるま」は、昨年8月コロナの終息、貴志川線の永続と利用促進のメッセージをご利用の皆さんにアピール […]
高校総文
和歌山県下で開催された第45回全国高校総合文化祭「紀の國わかやま総文2021」の新聞部門交流新聞取材コース、「地方鉄道再生:たま電車に乗ってねこ駅長に会いに行こう」に全国から40名の高校生が8月5日貴志川線を訪れました。 […]
「貴志川線の未来をつくる会」は、この程和歌山駅貴志川線ホームに取り下げ型の時計を贈りました。時計は直径70センチの両面から時刻の見える電波時計で、従来ホーム中央には時計が無く、「つくる会」が行った利用者要望調査で設置要望 […]
貴志川線の未来をつくる会と和歌山電鐵は、毎年貴志川線をご利用いただく皆様へ「ご利用感謝デー」を設けてプレゼントを行っていますが、今年は6月9日17時40分から和歌山駅9番ホームで社員さんとつくる会役員が、「貴志川線ご利用 […]
  本来なら子供達と一緒に掘る「貴志川線に乗ってじゃがいも掘り体験」は、2月種芋植付、4月草引きと準備を進めてきましたが、コロナ感染防止の和歌山県知事の不要不急外出自粛要請に応えて、6月予定のイベントは昨年に続いて中止と […]
  貴志川線の未来をつくる会と和歌山電鐵は、貴志川線地域の魅力を知って楽しんでいただくため、利用促進イベント「貴志川線に乗ってタケノコ掘り体験」を、毎年和歌山市のご協力で四季の郷公園で開催しています、昨年はコロナの緊急事 […]
今年も下記の要領で 竹林観察会(タケノコ掘り体験) を行います 申込みは和歌山電鐵ホームページからのみで、電話やFAX、はがきでの受付はありません。 催事名称 第16回竹林観察会「貴志川線に乗ってタケノコ掘り体験」 開 […]
貴志川線の未来をつくる会は、紀の川市貴志川町の子ども食堂「こ はうす」さんに「子どもと乗り放題きっぷ」を贈呈しました。 この「きっぷ」はコロナ禍の中で厳しい状況を克服するため、和歌山電鐵が行っている「キシカイセイプロジェ […]
  貴志川線の名物イベント「貴志川線に乗って じゃがいも掘り体験」を、昨年は残念ながらコロナウイルス感染防止のため中止しましたが、今年も6月に甘露寺前駅前で開催を予定しています。 その準備作業として、2月14日に貴志川線 […]
貴志川線の未来を"つくる"会

貴志川線の永続を願い活動している団体です。

平成16年発足。南海電鉄が貴志川線から撤退する意向を表明したことから、貴志川線を鉄道として存続させるための団体として発足。同年9月30日付けにて南海電鉄は貴志川線の廃線届を国土交通省に提出し、最短で平成17年9月30日での廃線が確定するも、平成18年4月1日より和歌山電鐵貴志川線として運行されることを実現。また南海電鉄もその前日まで貴志川線の運行を継続をすることを決定し、電車を1日も止めることなく存続を達成した。
貴志川線の存続決定後も、行政からの補助金に頼らない “永続” を目指して引き続き活動中。

お問い合わせ

右に必要事項を入力の上送信して下さい。





    ■スパム対策■ (必須)